アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年01月06日

vol.22「鏡開きの風習」

vol.22「鏡開きの風習」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 年末年始に飾っていた鏡餅を食べる「鏡開き」。どのような風習なのでしょうか。 

 正月に準備した鏡餅には神様の魂が宿っている、と信じられてきました。松の内が過ぎた1月11日に鏡餅を割り、神様を送る風習が鏡開きです。お供えしていた餅を食べることで仕事始めとし、神様の力を分けてもらうとともに、一年間の無病息災を願う意味がありました。
 また、鏡開きは武家から始まった風習でもあります。「切る」という言葉や刃物は切腹をイメージさせることから、鏡餅を手や木槌で砕いたり、「開く」というおめでたい言葉を使うようになったと言われています。
 小さくした餅をぜんざい、雑煮、かきもちなどで食べながら、家族の健康を願いましょう。


同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事画像
vol.147  使用済み切手で社会貢献②
Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」
vol.145 濡れた革靴のお手入れ
No.144 硬水と軟水の違い②
vol.143 硬水と軟水の違い①
vol.142 土用って何?②
同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事
 vol.147 使用済み切手で社会貢献② (2019-06-28 00:00)
 Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」 (2019-06-21 00:00)
 vol.145 濡れた革靴のお手入れ (2019-06-14 00:00)
 No.144 硬水と軟水の違い② (2019-06-07 00:00)
 vol.143 硬水と軟水の違い① (2019-05-31 00:00)
 vol.142 土用って何?② (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)知っ得メモ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。