アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 70人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年04月19日

あの名場面も「レイアウト」から始まった

あの名場面も「レイアウト」から始まった

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 明日「スタジオジブリ・レイアウト展」が開幕する。レイアウトとは、いわばアニメーションの場面ごとの設計図というべきもので、制作工程のなかできわめて重要な役割を担っている。
 本展では、「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」にいたるスタジオジブリ作品など全33タイトルのアニメーションから、宮崎駿監督直筆のものを中心に約1300点のレイアウトを公開する。
 中途半端な仕事を戒める宮崎監督の言葉に、全部アニメーションに吸い取られてしまった人間でないとダメだ、というのがあったと記憶する。365日アニメーションのことを考え、描き続けることで生きていく。その一歩に全体重をかけて、どこまでも崖を登っていくように。
 言うは易く…だが、そんなこと本当にできるのだろうか? でも、本展の見どころのひとつは、そうやってきた人間の前人未到の軌跡を、かつてない規模で辿っていけるところだと思う。
山口県立美術館副館長 斎藤 郁夫


同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事画像
中庭《県美の森》
下瀬信雄展
No.253 ふたつの写真展
扇の国、日本
ここは扇の国
コレクション展 シベリア・シリーズⅢ
同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事
 中庭《県美の森》 (2019-07-17 00:00)
 下瀬信雄展 (2019-06-19 00:00)
 No.253 ふたつの写真展 (2019-05-15 00:00)
 扇の国、日本 (2019-04-17 00:00)
 ここは扇の国 (2019-03-20 00:00)
 コレクション展 シベリア・シリーズⅢ (2019-02-20 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)サンデー美術館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。