アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年07月06日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 人気野球漫画「ドカベン」が、46年間にわたる歴史に幕を下ろした。
 最初のシリーズは1972(昭和47)年から1981(昭和56)年にかけて。続編の「大甲子園」は1983(昭和58)年から1987(昭和62)年の連載で、1966(昭和41)年生まれのわたしは、まさに「ドカベン世代」。テレビゲームも携帯電話もない時代。個性豊かなキャラクターたちの“死闘”に、アニメも含めて毎週夢中になった。それゆえこの2作は、成人してから「大人買い」もした。
 1995(平成7)年以降の作品は、プロ野球が舞台。最終回が掲載された先週の週刊少年チャンピオンは、全国的に完売店が続出した。わたしは売り切れで買えなかったが、「青春の区切り」にと購入した同世代の気持ち、よくわかる。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。