アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年09月05日

ハリガネムシ

ハリガネムシ
▲水辺にきて腹からハリガネムシが出るハラビロカマキリ

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 写真は、ハラビロカマキリの腹からハリガネムシが出てきて、流れの緩い小川の中に入ろうとしているところです。ハリガネムシは、類線形動物の仲間で寄生虫の一種です。なぜこんな生き物が多くのカマキリの中にいるのか? これには驚くような流れがあります。
 ハリガネムシは、水の中でオスとメスが出会い、交尾し卵を産みます。ふ化した幼生は、水生昆虫であるカゲロウなどの幼虫などに食べられますが、その体内では腸の壁にとりつき、成長せず袋に包まれます。カゲロウは成虫となり飛んで草むらなどにいた時に、カマキリに食べられます。カマキリの体内に入り、ハリガネムシの幼生が成長を始めます。幼生は、カマキリの体内の体液が流れる組織の中で成長し、成体になるとお腹を破り出てくるのです。ハリガネムシの成体は水中生活をするため、カマキリを水辺に誘導するメカニズムをつくり出しているようです。
 生き物の世界は不思議に満ちています。
山口県立山口博物館 動物担当 田中 浩


同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事画像
特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します!
純粋じゃないからいいんです!
テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」
今年は有馬喜惣太没後250年
見た目がちがっても中身はいっしょ
VR(仮想現実)技術
同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事
 特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します! (2019-07-03 00:00)
 純粋じゃないからいいんです! (2019-06-05 00:00)
 テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」 (2019-05-01 00:00)
 今年は有馬喜惣太没後250年 (2019-04-03 00:00)
 見た目がちがっても中身はいっしょ (2019-03-06 00:00)
 VR(仮想現実)技術 (2019-02-06 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おもしろ小箱
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。