アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年11月21日

雲谷等顔展

雲谷等顔展
▲「梔子に鶺鴒図」 雲谷等顔

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 クチナシとセキレイ。花弁と蕾の白が驚くほどリアルに見える。葉は緑で先っぽが茶色。虫食いの穴も、そこからのぞく葉もていねいに描かれている。鳥は頭を上方に振り向け、囀るように嘴を開く。生き生きとした描写がとても印象的だ。
 よく見れば、単子葉植物の茶色い葉が横に伸び、セキレイがとまる枝には刺がある。クチナシとは別の植物だ。
 画面の左端を眺めていると、ここで不意に裁断されてしまったように思える。もともとはもっと大きな絵だったのではないか…と想像してみる。
 絵の左側を勝手に思い描いてみれば、刺のある植物も、細長い葉の植物もクチナシとともにきっちりと描き込まれているはずだし、セキレイにしても、おそらくは上方にいるもう一羽と鳴き交わしているつがいの片割れであるはず、と思う。
 小さな画面ではあるが、表現の力が見る者の想像力を大いに刺激してくれる楽しい絵である。
山口県立美術館副館長 斎藤 郁夫


同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事画像
中庭《県美の森》
下瀬信雄展
No.253 ふたつの写真展
扇の国、日本
ここは扇の国
コレクション展 シベリア・シリーズⅢ
同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事
 中庭《県美の森》 (2019-07-17 00:00)
 下瀬信雄展 (2019-06-19 00:00)
 No.253 ふたつの写真展 (2019-05-15 00:00)
 扇の国、日本 (2019-04-17 00:00)
 ここは扇の国 (2019-03-20 00:00)
 コレクション展 シベリア・シリーズⅢ (2019-02-20 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。