アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年03月15日

vol.133「耳を大切に②」

vol.133「耳を大切に②」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 音を聞くために大切な内耳細胞ですが、大きな音を聞き続けると、ダメージを受けてしまいます。耳を酷使するとどのような弊害が起こるのか、前回に引き続き、坂本耳鼻咽喉科に聞きました。

(前回の続き)
 耳を休めることなく酷使すると、内耳細胞のダメージが定着し、内耳細胞は死んでしまいます。そして、失われた内耳細胞は再生しないのです。
 音の振動数を表す単位を「ヘルツ」と言い、日常会話は250~4千ヘルツとされています。音響負荷では特に、4千ヘルツを担当する内耳細胞にダメージが起こりやすく、この周波数での聴力低下が起こります。これを「音響性難聴」または「騒音性難聴」と言います。かつては、騒音下での職業に見られる病態でした。(次回に続く)


同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事画像
vol.147  使用済み切手で社会貢献②
Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」
vol.145 濡れた革靴のお手入れ
No.144 硬水と軟水の違い②
vol.143 硬水と軟水の違い①
vol.142 土用って何?②
同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事
 vol.147 使用済み切手で社会貢献② (2019-06-28 00:00)
 Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」 (2019-06-21 00:00)
 vol.145 濡れた革靴のお手入れ (2019-06-14 00:00)
 No.144 硬水と軟水の違い② (2019-06-07 00:00)
 vol.143 硬水と軟水の違い① (2019-05-31 00:00)
 vol.142 土用って何?② (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)知っ得メモ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。