アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年12月09日

No.152「ビロードうさぎ」

No.152「ビロードうさぎ」

童話館出版
文:マージェリィ・ウィリアムズ
絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:いしい ももこ
 ビロードうさぎは、ぼうやに贈られたクリスマスプレゼントのぬいぐるみです。高価な機械じかけのおもちゃたちはお腹におがくずのつまったこのうさぎのことをばかにしましたが、年とった木馬だけは親切に話しかけ、こんなことを教えてくれました。
 「そのおもちゃをもっている子どもが、ながいながいあいだ、そのおもちゃを、ただのあそび相手でなくて、とてもながいあいだ、しんからかわいがっていたとする。すると、そのおもちゃは、ほんとうのものになるのだ。」
 ぼうやはうさぎをとてもかわいがったので、うさぎはぼうやにとって「ほんとうのうさぎ」になることができました。ところがある日、ぼうやは猩紅熱にかかり、消毒のためおもちゃはみんな焼かれることになってしまったのです。庭にほうり出され涙を流すうさぎの前にあらわれたのは、子ども部屋の妖精。妖精はうさぎにすばらしい魔法をかけてくれました。
 月の輝く夜の森の中で、本物のうさぎになったビロードうさぎが仲間と一緒に草の上をはね回る場面は印象的です。
(ぶどうの木代表・中村佳恵)


同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事画像
No.194 「うみべのまちで」
No.193「ふしぎなたいこ」
No.192「なぞなぞあそびうた」
vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」
vol.190「てんぷら ぴりぴり」
vol.189「はじまりの日」
同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事
 No.194 「うみべのまちで」 (2019-06-12 00:00)
 No.193「ふしぎなたいこ」 (2019-05-08 00:00)
 No.192「なぞなぞあそびうた」 (2019-04-10 00:00)
 vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」 (2019-03-13 00:00)
 vol.190「てんぷら ぴりぴり」 (2019-02-13 00:00)
 vol.189「はじまりの日」 (2019-01-16 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。