アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年09月14日

No.161「子どものためのラ・フォンテーヌのおはなし」

No.161「子どものためのラ・フォンテーヌのおはなし」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

こぐま社
再話:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:アンドレ・エレ
訳:あべ きみこ
 ラ・フォンテーヌは17世紀フランスで活躍した詩人です。彼は「キツネとぶどう」「アリとハト」などイソップのお話として知られる教訓話237話をまとめた本を作り、当時のフランス皇太子に捧げました。
 その中から25話を選び挿絵をつけて本にしたのが、20世紀初頭に活躍した画家、アンドレ・エレです。
 さらに約50年後、アメリカの児童書編集者マーガレット・ワイズ・ブラウンは17話を選んで、アメリカ版「ラ・フォンテーヌの寓話集」を作りました。
 そして2015年、こぐま社によってこの『子どものためのラ・フォンテーヌのおはなし』が出版されたのです。
 挿絵は100年以上前、お話にいたっては紀元前から伝わるものも含まれていますが、絵も文も全く古さを感じさせません。堅苦しいイメージを持たれがちな教訓話が、読みやすい訳文とユーモラスな絵によって生き生きと伝わってきます。
 長い時を経て形を変えながら生き続けてきた、魅力ある作品です。
(ぶどうの木代表・中村佳恵)


同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事画像
No.194 「うみべのまちで」
No.193「ふしぎなたいこ」
No.192「なぞなぞあそびうた」
vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」
vol.190「てんぷら ぴりぴり」
vol.189「はじまりの日」
同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事
 No.194 「うみべのまちで」 (2019-06-12 00:00)
 No.193「ふしぎなたいこ」 (2019-05-08 00:00)
 No.192「なぞなぞあそびうた」 (2019-04-10 00:00)
 vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」 (2019-03-13 00:00)
 vol.190「てんぷら ぴりぴり」 (2019-02-13 00:00)
 vol.189「はじまりの日」 (2019-01-16 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。