アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年12月24日

No.20秋穂二島「住民が美観守る美濃ケ浜のだるま朝日」

No.20秋穂二島「住民が美観守る美濃ケ浜のだるま朝日」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 地域住民らが年4回の清掃活動を長年続けている美濃ケ浜。2月上旬ごろまでは、山口市内でも数少ない「だるま朝日」のスポットに。

 秋穂二島地区連合自治会(野島義正会長)や山口秋穂園(恒松成人理事長)が呼びかけて年4回、毎回100人以上が長年清掃活動をしている美濃ケ浜。兜山遺跡の整備なども進む美しい景観とともに、2月上旬ごろまでは「だるま朝日」が見られることも。
 だるま朝日とは、大気と海面の温度差により光が屈折して太陽がだるまのように見える現象。山口市内で見られるのは美濃ケ浜と秋穂東の中道湾など数カ所のみ。出現も冷え込みの強い空気の澄み渡った日など条件が限られるため、年に数回程度しか出会えない貴重な現象だ。


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。