アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年10月07日

No.60阿東「子牛の誕生が続く『あとう和牛振興センター』」

No.60阿東「子牛の誕生が続く『あとう和牛振興センター』」
▲8月に生まれたメスの「みちこ」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 畜産事業の担い手不足から、ブランド存続の危機にあった「あとう和牛」。現在、あとう和牛振興センターで子牛の誕生が続いている。

 2011(平成23)年6月、ふるさと振興公社(田中祥隆理事長)がJA山口中央から肥育事業を継承。受胎した状態でセリ市から購入した子牛をあとう和牛振興センターで肥育していたが、昨今の市場価格の高騰などにより、今年3月から繁殖を含めた生産に着手。地元農家から繁殖牛2頭を買い取った。
 6月18日に「太陽」が、8月28日にメスの「みちこ」が誕生し、11月にも2頭が出産予定。さらに来年2月には、人工受精から取り組んだ子牛が、初めて産まれる予定だ。
 「餌の管理など気を付け、大きく丈夫に育てていきたい」と椎木耕司センター長。


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。