アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年05月05日

No.89仁保「宇宙から歴史の重み感じる仁保隕石」

No.89仁保「宇宙から歴史の重み感じる仁保隕石」
▲桃林住職の書とレプリカ(信行寺蔵)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今から121年前、仁保地域を中心に隕石が落下した。その一つを当時の信行寺住職が拾得。現在レプリカを見ることができる。

 1897(明治30)年8月8日午後10時半頃落下した同一母体の隕石が、仁保地域で2個、宮野地域で1個拾得された。当時の様子を信行寺(仁保中郷)の桃林義景住職は「天空ヲ仰キ見レハ大ナル火ノ玉東方ニ向ヒ走ルタチマチ破裂シテ雷ヤム」と記している。この隕石は東大に寄贈、現在は国立科学学物館に移管されている。レプリカは山口県立山口博物館と同寺で見ることができる。
 もう一つの隕石は、同地域に住んでいた阿土適太が拾得し、こちらも東大に寄贈したと「阿土日記」に詳細が記されているが、現在は行方不明である。


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。