アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年07月03日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
▲上野東照宮山門(東京都台東区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(6月26日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

雨音とともに

 「枕元にあたる父の寝間で、始まったという一声がした。愕然として目を覚まし、耳をそばだてて聴きますと、世間はひっそりとしていますが、ただ車軸を流すがごとき大雨の音に和して、ドンドンという砲声と、あたかも豆を炒るようなパチパチという小銃の音が、耳を貫くばかりで、その光景は何といってよろしいか、真にすさまじい事でありました―」
 これは、上野から直線で3キロほど離れた、本所相生町(現・墨田区両国)に住んでいたある人物の回顧である。
 この日は、その人物の家の前を、草履ばきに袴の股立ちを深く袴の腰に挟み込んだ高股立姿で、襷を十字に綾取り、刀片手に走り行く者。結び目が額の前に来るように締めた向こう鉢巻姿で小銃を負う者。草鞋ばきで手槍を提げて行く者などが過ぎて行ったそうだ。
 また、上野からさほど離れていない浅草駒形町(現・台東区駒形)では、彫刻家の高村光雲も戦況を遠望していた。
 「ドドン、ドドン、パチパチという。陰気な暗い天気にこの不思議な音響が響き渡る。何ともいえない変な心持であります」
 降りしきる雨の中、砲声と銃声が鳴り響いた。

(続く。次回は7月10日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(178) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(178) 大村益次郎 (2019-06-05 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。