アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月10日

明治維新鴻業の発祥地、山口 「四境戦争」から150年(71) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 「四境戦争」から150年(71) 大村益次郎
▲山口御屋形跡(滝町)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(5月3日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

大抜擢

 5月4日、益次郎は山口へと赴いた。そこで、孝允に代わって防長二州一和および民政、軍政の整理について建言した。
 この時、山田宇右衛門ら藩政府員は、孝允の帰国を喜んだ。彼の意見と藩の政策が一致していることを知った宇右衛門は、彼を山口へ呼び戻すため、益次郎に手紙を託した。
 ついで7日には、藩主・毛利敬親が、時山直八を下関に遣わし孝允に山口への帰還を求めた。13日、下関を発った孝允は、その翌日、藩主に面会。幕府による長州再征が迫る中、軍備、兵器の充実。農町兵の整備など、軍事体制の早急な確立のためには、速やかな資金調達が必要であることなどを述べた。
 27日、政事堂用掛および国政方用談役心得を命じられた孝允は、6月24日には正式に用談役となり、藩の実質的な指導者となる。
 その頃、山口明倫館が再興されたことにより、兵学校御用掛兼御手当御用掛を命じられていた益次郎は、孝允の推挙により、軍制改革の責任者として抜擢されることになった。そして閏5月6日には、大組に列せられ、正式な藩士となり、100石を給されることになったのである。
(続く。次回は5月17日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。