アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年06月13日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(128) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(128) 大村益次郎
▲野村望東尼終焉の地(防府市)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(6月6日付・松前了嗣さん寄稿の続き) 

春を待つ

 薩長連合軍の東上が迫る中、異郷の地でひとりの女性が波瀾の生涯を閉じた。女流歌人・野村望東尼である。
 9月25日より、戦勝祈願のため三田尻に滞在していた彼女は、薩摩船の到着を一目見ようと海を眺めていた。
 「まちまちし かひもありそに いざ行きて あづまあふがや 薩摩おほふね」
 果たして、ずっと待ち続けていた甲斐はあるのだろうか。荒波が打ち寄せるその砂浜に行き、あの薩摩軍の大きな軍艦を一度この目で仰ぎたい-。
 彼女は薩摩軍を乗せた船を待った。そして、その船が姿を見せた後、にわかに体調をくずし、その後は病の床に伏すようになった。
 「冬ごもり こらえこらえて 一時に 花咲きみてる 春は来るらし」
 寒い寒い冬ごもりの時期をじっと耐え、我慢に我慢を重ね、その力を蓄えていた花たち。やがて春が訪れ、一斉に咲き開く、そんな時がやって来るようだ-。
 1867(慶応3)年11月6日、彼女は玄界灘沖の姫島から救出してくれた藤四郎らが見守る中、滞在中の荒瀬家でしずかに息を引き取った。享年62であった。
(続く。次回は6月20日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。