アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年01月23日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(159) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(159) 大村益次郎
▲多くの志士たちが集まった二条城(京都市)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(1月16日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

兵学寮の設置

 軍防事務局に出仕することになった益次郎は、朝廷の直轄である御親兵の編成を担当することになった。
 その頃、京都の二条城には脱藩浪人や医師、僧侶、農民など、勤王家と称する多くの志士たちが集まっていた。そこで益次郎は、そこにどのような人物がいるのかを調べるため、彼らを施薬院という場所に出勤させた。
 その当時のことを男爵・三宮義胤は後にこう語っている。
 「そのうち、ひとつどこかにこれを本当の兵に仕立てる場所を作るつもりである。それまでのところはとにかく、二条城なり屯しているところに置いておこうという先生の考えで、時折り話して居られる。その兵を本当に仕立てるというのは、後に伏見にできましたあれ(兵学寮)が始まりでありました。それはずっと後のことで、追々そこへ寄った者は、右向け左向けから皆、刀を差して陣羽織を着た者が多かった。それを筒っぽう(筒袖制服)を探して、そうして今の軍隊のとおりのものを皆ひとつ仕立てようというのが大村先生の考えであったのです」
 こうして益次郎は、後に伏見に兵学寮を設置し、軍制改革に尽力したのである。
(続く。次回は1月30日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。