アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月17日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(171) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(171) 大村益次郎
▲江戸城桜田巽櫓(東京都千代田区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(4月10日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

江戸着任

 これより先、1868(慶応4)年閏4月4日、益次郎は、軍防事務局判事として、大総督府を補佐するよう命じられ、江戸に着任した。
 その頃、大総督府参謀・西郷隆盛は、彰義隊の暴状を、やや黙認する形を取っていた。
 隆盛は、江戸城内での戦いには反対であり、治安については、勝海舟らを信頼し、全ては時が解決すると考えていた。
 また、東征軍の規律も緩慢になり、制御する勢力も無くなっていた。
 このような弱腰の大総督府に対し、不信感を募らせていた京都の新政府首脳は、佐賀藩士・江藤新平を江戸に派遣し、実情を探らせた。
 新平は、大総督府が、海舟らに籠絡されていると判断し、彰義隊の討伐を進言した。
 しかし、東征軍の戦力では、数千の彰義隊を壊滅させることは不可能に近い。そこで、この現状を打開すべく抜擢されたのが、益次郎であった。
 新政府首脳の期待を一身に背負い、江戸城へと入った彼であったが、大総督府の態度は冷淡であった。
 参謀たちは、江戸城無血開城を実現させた今、彰義隊と交戦し、江戸の町を混乱させることは避けたかった。
(続く。次回は4月24日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。