アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年04月24日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(172)大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(172)大村益次郎
▲江戸城外濠(東京都千代田区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(4月17日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

強行路線

 大総督府の対応に対し、益次郎は不満を抱いていた。そのため彼は、京都への帰り仕度をしていたという。
 ところが、旧幕府側に対し、強硬路線を支持する輔相・三条実美が、関東監察使として江戸へ入ると、益次郎は大総督府における軍事指揮権を掌握することになる。
 当時、西郷隆盛の意を受け、旧幕府側に対し、融和路線をとっていたのが、薩摩藩士で東海道先鋒総督府参謀を務める海江田信義であった。
 彼は、旧幕府側の軍艦引き渡し問題では、勝海舟の働きかけを受けて、全ての軍艦の中から4隻の軍艦を引き渡すことで合意したが、その船は、軍艦とは名ばかりの老朽船であった。
 さらには、引き渡された軍艦で、旧幕府側の脱走兵を攻撃しないで欲しいという申し出までも受け入れてしまい、念書も書いていた。
 こうして、海舟は、彰義隊や榎本武揚が率いる旧幕府海軍などを持ち駒にしながら、大総督府との交渉を有利に進めていった。
 しかし、実美の江戸入りによって、それまで融和路線であった大総督府の方針は転換し、新たな展開を見せることになる。
(続く。次回は5月1日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。