アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年05月01日

明治維新鴻業の発祥の地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(173)大村益次郎

明治維新鴻業の発祥の地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(173)大村益次郎
▲江戸城外桜田門(東京都千代田区)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(4月24日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

徳川家処分

 当時、大総督府では、徳川慶喜の江戸帰還、江戸城の返還、徳川家所領の現状維持などといった、勝海舟の意見に賛同する者が大半を占めていた。
 こうした状況の中、閏4月24日、江戸城に三条実美の姿があった。
 そこで彼は、大総督府、各道総督や参謀らを集め会議を開くと、翌日、徳川家に対する処分が内定した。それは、次のような内容であった。
 「徳川家の相続人は田安亀之助とする。徳川家へは70万石を与える。居城として駿府城を与える。旗本で所領を持つ者は朝臣として新政府に召し出す。徳川家が所領70万石で撫育できなければ、所領を持たない旗本、御家人も朝臣として召し出す。俸禄も相応に下す。江戸には太政官各局を移す。江戸城は新政府が召し上げる」
 この原案を、実美は、有栖川宮熾仁親王に示し、承諾を得ると、その日の夜、徳川家処分が決定した。しかし、内容については、公表することは憚られた。
 徳川家の反発を警戒した実美らは、徳川家に対しては、相続の件のみを申し渡し、居城と石高については後日発表することにした。
(続く。次回は5月8日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。