アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年12月16日

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊽ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作

(9日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

山口の高杉家

 1866(慶応2)年10月27日、晋作は下関郊外の桜山に庵を結び、そこで療養生活を送っていました。
 また、その頃彼は、山口の白石茶臼山に土地を購入。新居を建てようと考えていました。
 11月24日付けの父・小忠太宛ての手紙には、新築費用は自分の貯えをあてること。2月には造築に取り掛りたいことなどが記されています。
 しかし、1867(慶応3)2月、病状が悪化。4月14日、ついに帰らぬ人となったのでした。
 山口に高杉家が完成し、両親、妻子が移り住んだのはその後のことでした。

行雲流水

 失意の中、京都から萩へと帰郷。隠棲生活を送っていたあの頃。野山獄、自宅の座敷牢に繋がれたあの日。命を狙われ、四国へ亡命したあの時。
 何度も市井に落ちぶれながらも、山口の藩主・毛利敬親、元徳父子から厚い信頼をうけた晋作。
 奇兵隊創設案の建言。四カ国連合艦隊との講和談判。四境戦争の大島口、小倉口の戦い。
 命を賭けて長州藩の危機を救ってきました。
 空を行く雲のように、川を流れる水のように、幕末動乱の中を、時には足早に駆け、時には大股でゆったりと歩いた27年と8カ月の生涯。
 晋作が人生の再出発をした山口の町には、今日もあの頃と変わらぬ、緑の風がしずかに吹いているのでした。(完)


同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-09 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-02 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-25 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-18 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-11-11 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-04 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。