アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年11月25日

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
▲石州街道を山口へむかう

(18日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

鴻城に入る

 「独り駅馬に跨って鴻城(山口)に入る 眼を遮る風光旧に依って清し 愧ずらくは我市井に飄零するを 始めて聞く天上の鶴の声々」
 9月8日、晋作は世子(藩主の世継ぎ)・毛利元徳より呼び出され、11日、山口へ入りました。
 木戸孝允の尽力で亡命先の四国から下関へ戻り、長らく市井に落ちぶれていた彼は、石州街道の彼方に連なる山々と青い空に浮かぶ雲を眺めながら、決意を新たにします。
 そして13日には藩主・毛利敬親に建白書を提出。
 「幕府との戦いが始まることこそ、天下のため国家のため正義を回復する好機である―」
 こうして彼は再び下関へと走り、幕府との戦いに向け、着々と準備を進めるのでした。

薩長同盟

 1866(慶応2)年1月21日、京都において「薩長同盟」が成立します。
 ここでは、長州藩の木戸孝允、薩摩藩の西郷隆盛、小松帯刀、そして土佐の脱藩浪士・坂本龍馬が同席。
 1863(文久3)年に起きた「8月18日の政変」以来、対立関係にあった両藩が、ここに手を結ぶことになったのです。
(続く。次回は12月2日付に掲載します)


同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊶ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊽ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-12-16 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-09 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-02 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-18 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-11-11 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-04 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。