アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年09月16日

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊱ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊱ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
▲平尾山荘(福岡市)

(9日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

馬関潜行

 山縣有朋らに別れを告げ、晋作は奇兵隊士・伊藤伝之助を伴い、島地を抜け、富海(防府市)へと向かいます。
 そこからは飛船に乗り込み、10月29日、下関の白石正一郎邸に入りました。
 そこで彼は、偶然居合わせた福岡脱藩浪士・中村円太と今後のことについて話し合い、11月1日、谷梅之助と変名。白石の実弟・大庭伝七と中村を伴い、海路、福岡へと向かうのでした。

平尾山荘

 福岡に着いた晋作は、長州藩の失地回復を図るため、九州諸藩を解き、保守派や幕府軍に対抗する勢力を打ち立てるため、各所で遊説しますが、うまくいきません。そこで福岡藩の月形洗蔵の紹介により、野村望東尼の草庵・平尾山荘に籠り、そこで時機をうかがうことにしました。

三家老四参謀の死

 11月11、12日の両日にわたり長州藩では、幕府に対し、謝罪恭順を唱える保守派によって、益田右衛門介、国司信濃、福原越後の3人の家老が禁門の変の責任を取り切腹。竹内正兵衛、中村九郎、佐久間佐兵衛、宍戸佐馬之助の4人の参謀が萩の野山獄で斬首。刑場の露と消えたのでした。
(続く。次回は30日付に掲載します)


同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊽ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-12-16 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-09 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-02 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-25 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-18 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-11-11 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。