アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年07月16日

札の辻・21

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 先日、東京に居る娘が孫と帰省した。わが家の食卓も少し色が変わる。
 仁保の道の駅で買い求めた食材も、見なれない物が並ぶ。今さらと笑われそうだが赤や黄色のパプリカ、そして太いキュウリかと思ったらズッキーニだと教えられる。カボチャの仲間だそうだ。
 家人は、スーパーで見かけて気になっていたものだが、調理方法がわからず買わずにいたという。娘の料理指導のもと、食すと大変おいしく、またその食感に改めておどろいた。
 この年になっても、まだ人生で初の食材に出会えることに、改めて感動の気持ちもわいてくる。
 幼少期の夏野菜といえば、それこそキュウリにナス、ウリであった。
 今ほど野菜の種類も多くなかったが、それでも夏の太陽をいっぱいに浴びた、いわゆる無農薬の野菜は、みずみずしく、美味しかった。
 畑のすみにはハス芋も植えてあった。塊根は小さく食用にならないので、芋茎を和え物やミソ汁で食べる。シャキシャキとした食感が暑い夏季にはよく合った。
 盆の朝は、ハス芋の葉を取ってくることから始まる。葉に、水や、キュウリ、ナスを添えて仏壇にも供える。
 娘は丸い葉の上でころころ転がる水の玉と、「ようお出なさいました」と、団扇で仏壇を扇いでいた祖母の姿を思い出すという。八月の盆まであと一カ月となった。(鱧)


同じカテゴリー(札の辻)の記事画像
札の辻・21
同じカテゴリー(札の辻)の記事
 札の辻・21 (2016-07-30 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-23 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-09 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-02 00:00)
 札の辻・21 (2016-06-25 00:00)
 札の辻・21 (2016-06-18 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)札の辻
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。